CASE4AI

AI

AI・機械学習・ディープラーニング応用システム開発

人工知能(AI)の実用化に伴い、AI を利用したシステムを開発する機会が増えてきました。
シルク・ラボラトリでは、これまでに実験データ処理に教師有り学習モデルのサポートベクターマシン(SVM)を組み込むなどの機械学習応用システムの構築を手掛け、また近年では、ディープラーニング システムを活用する映像処理サーバなどを構築しています。
大きな内部自由度を持ち、機械任せにできると考えられがちなディープラーニングシステムは、依然、高速・高精度な処理を求めると、データのクロッピング、フィルタ処理、周波数変換処理などの前処理が重要です。
機械学習応用システムの構築により培った特徴量抽出の技術と、音声・画像・映像解析技術を活用し、AI の能力を最大限に引き出すお手伝いをします。